英会話 勉強法

メソッド解説

「スーパー・スピーキング」では、大きく分けて二つのトレーニングをします。
まず、英語を「英語の語順」でインプットするINPUTトレーニングをします。
このINPUTトレーニングがひととおり済んだ後に、
英語を「英語の語順」でアウトプットするOUTPUTトレーニングをします。
INPUTトレーニング INPUTトレーニング
INPUTトレーニング INPUTトレーニング
INPUTトレーニング INPUTトレーニング

「一般の英会話教材は、英語の決まり文句を覚えるようなインプット・トレーニングが普通ですが、実際の英会話の場面では、覚えた英文そのままを言うようなケースはまれです。 そのような場面では、英会話の「応用力」が求められますが、例文暗記の学習法では「語順の問題」が解決されていないので「応用力」 はなかなか身につきません。

そこで、「応用力」を身につけるために、「英語の語順」で英語をインプットするトレーニングをします。 このINPUTトレーニングを通して、英語を「英語の語順」のまま理解する力が強化され、英米人のような「ネイティブ思考法」が身につく結果、自由自在に会話をリードする「応用力」が身につきます。

「スーパー・スピーキング」では、INPUTトレーニングのために、 次のような「Hop,Skip&Jump」(ホップ、スキップ&ジャンプ)という特別な方法で、英語を「英語の語順」でセンスグループ(意味のまとまり)ごとにインプットするトレーニングをします。

Hop Hop

まずHopでは、英語がセンスグループ(意味のまとまり)ごとに「英語の語順」で区切られ、そのまとまりごとに「英語→日本語」音声が流れます。 これを聴き続けることで「返り読み」の悪習が矯正され、日本人の「日本語の思考法」から解放されていきます。

例文1

音声を聞く

音声を聞く

Skip Skip

次にSkipでは、Hopの日本語がなくなり、「英語→ポーズ(無音)」音声が流れます。このポーズの部分で、英語に対応する意味を瞬間的に考える訓練をします。

Skipのトレーニングを通して、センスグループごとに「英語の語順」で反射的に英語をイメージ化する「ネイティブ思考法」が身につきます。

例文2

音声を聞く

音声を聞く

Jump Jump

Jumpは、元の英語音声そのままです。 Hop、Skipでトレーニングを重ねれば、元の英語そのままのJumpも抵抗なく受け入れ、ゆとりを持って聞き取とることができるようになります。 頭脳が「日本語の思考法」から、英米人の「ネイティブ思考法」に切り替わった証拠です。

例文3

音声を聞く

音声を聞く
このHop,SkipJumpについては、
「試聴ページ」で実際の教材の一部を試聴することができます。

試聴 試聴

OUTPUTトレーニング OUTPUTトレーニング

INPUTトレーニングを終えた後に、英会話の「発話力」を強化するためにOUTPUTトレーニングをします。 英語をただインプットするだけでは、具体的なスピーキング力には結びつきません。 インプットした英語を「英語の語順」で声に出し、実際に口を動かしてアウトプットするトレーニングがどうしても必要です。

そのために「スーパー・スピーキング」では、「リバースHop」(逆ホップ)と「ポーズ付きリバースHop」という特別な方法でトレーニングします。

「これらのOUTPUTトレーニングを通して、「英語の語順」で発話できるようになるばかりでなく、正しく筋肉を使い、呼吸をコントロールする方法を学び、 英語のイントネーション、アクセント、リズムを含めたスピーキングのコツまで体得することができます。

リバースHop リバースHop

「リバースHop」(リバース・ホップ)とは「Hop,Skip&Jump」の「Hop」を逆転させた「逆Hop」を意味します。 つまり、Hopの「英語→日本語」というパターンを逆転させて、「日本語→英語」という逆パターンになっています。

例文4

音声を聞く

音声を聞く

リバースHopでは日本語訳を聴いた後で対応する英語を聴きますが、単に英語をインプットするだけでなく、自分でも対応する英語を頭の中ですばやく思い浮かべることにチャレンジします。

このリバースHopで訓練すると、まず何より先に主語(S)と述語動詞(V)を口に出し、それから修飾する語句をセンスグループごとに「英語の語順」で順番に発話していく感覚、つまり「SV感覚」が養成されます。

ポーズ付きリバースHop ポーズ付きリバースHop

次に「ポーズ付きリバースHop」です。ここでは、「リバースHop」の日本語の後に、無音のポーズが挿入されています。

例文5

音声を聞く

音声を聞く

「ポーズ付きリバースHop」では、日本語訳に対応する英語を、ポーズを利用して瞬間的に考え、実際に口に出す訓練をします。その後で対応する英語音声が流れてきますので、合っているかどうか確認します。実際のネイティブの英語が流れますので、発音やイントネーション、英語のリズム等が、なるべくネイティブに近くなるように意識します。

「ポーズ付きリバースHop」でトレーニングを積むと、「英語の語順」で順番に発話していく「SV感覚」がさらに強化され、英語を「英語の語順」でスラスラ発話できる本物のスピーキング力が身につきます。

このリバースHop,ポーズ付きリバースHopについては、
「試聴ページ」で実際の教材の一部を試聴することができます。

試聴 試聴

  • 無料サンプルご請求
  • 教材のお申込み
  • なんでも気軽にご相談ください
  • ダン上野Jr.の英語相談室
  • スーパー・スピーキングvol.2
無料サンプルご請求
無料サンプルご請求
教材のお申込み
教材のお申込み
このページトップに戻る
サイトマップ
このページトップに戻る
このページトップに戻る