英会話 独学

話せる理由

英会話の困ったがこれで解消

多くの日本人が、英会話を不得意としています。
「読むことはできても、話すことが苦手」と
いうのが日本人の現状でしょう。

DO YOU SPEAK ENGLISH?

多くの日本人が、英会話を不得意としています。「読むことはできても、話すことが苦手」というのが日本人の現状でしょう。

TOEICスコア800点、900点レベルの上級者であっても、流ちょうに英語を話せない人が大勢を占めています。 しかし仮にリーディング力や文法力があったとしても、話すことができなければ、実践的な英会話力が求められる場面では通用しません。

特にビジネスの現場では、日常英会話程度の英会話力では通用しないという厳しい現実があります。 交渉から会議、プレゼンテーションまでをこなすには、相当しっかりした英会話力が求められるのです。

これらの問題を克服するために、英会話教材「スーパー・スピーキング」が開発されました。 英語を「英語の語順」でインプットし、「英語の語順」でアウトプットするトレーニングを通して、英米人のような「ネイティブ思考法」が身につきます。 その結果、言いたいことがスラスラと口をついて出るようになります。

英会話で困っている方、ビジネスの最前線でハイレベルのスピーキング力を必要とする方にとっては、まさに朗報です。

日本人の英語上達をはばむ「語順の問題」とは?

そもそも日本人が、なぜこれほど英語が苦手なのかと言えば、
その原因は「日本語と英語の言語構造の違い」にあります。
日本語と英語では「語順」が全く違うのです。

photo

このため、リーディングやライティングでは時間をかければ何とかなるのに、リスニングやスピーキングなど、リアルタイムで聴いたり話したりしなければならない場面では、かなりの困難を伴います。

「語順の違い」は文章の根幹である述語動詞(V)の位置の違いとしてあらわれます。

例文1

英語では主語である We のすぐ後に述語動詞、are delightedが来るのに対して、日本語では述語動詞「とても喜んでいます」が文章の最後に来ます。 このように日本語と語順の違う英語を、整った日本語訳、「我々は、SKフーズという最高のパートナーを見つけてとても喜んでいます。」に「翻訳」しようとする場合、 英文を頭から最後まで文中を行ったり来たりしながら訳す必要があります。

例文2

このような読み方を、「返り読み」と言います。多くの日本人が「返り読み」を学校で習いますが、この読み方には致命的な欠陥があります。 英語を整った日本語に直そうと、文章を行ったり来たりしながら訳すので、余計な時間がかかってしまうのです。

「語順の違い」が「英会話不能症」の原因

「返り読み」式理解の問題はリーディングばかりでなく、
リスニングやスピーキングにも致命的な悪影響を与えます。
リスニングでは相手の言葉がすぐ消えてしまうので、
聞いた言葉を確認する余裕もなく、相手の話はさらに
次の話題に進むので、お手上げ状態になります。

photo

さらにスピーキングの場合、事態は最悪になります。日本人が英語を話す時、最初の一言を口に出すのが非常に遅いですが、その原因も英語と日本語の「語順の違い」にあるのです。

先の例文で説明しますと、「我々はSKフーズという最高のパートナーを見つけてとても喜んでいます。」を英語で言う場合、 We are delighted(我々はとても喜んでいます)と主語の次にすぐ動詞が来なければならないのに、「日本語の語順」に慣れている日本人は、 in SK Foods(SKフーズという)とか、a perfect partner(最高のパートナーを)などという言葉が、どうしても先に頭に浮かんでしまいます。

そのように、「日本語の語順」で頭に浮かんできた英語を、頭の中で「英語の語順」に組み替えてから話し出そうとするために、最初の一言が遅れてしまいます。 次の言葉を続けようと考え込んでいるうちに、相手が次の話題に移るのでパニックになってしまうのです。

このように英会話は、リスニングとスピーキングが複雑に絡み合ってきますので、「語順の違い」が「英会話不能症」を生み出すと言っても過言ではありません。 日常会話程度なら「語順の違い」は無視できますが、より複雑で高度なビジネス英会話となると、「語順の違い」は致命傷になります。

「スーパー・スピーキング」が 「語順の問題」を解決

英会話教材「スーパー・スピーキング」が、この「語順の
問題」を解決します。日本人が英語を学ぶ上で最初の障壁と
なる「語順の問題」が完全にクリアされていますので、
今まで、あいさつ程度の日常英会話しか話せなかった人も、
本格的なビジネス英会話に対応することが可能となります。

photo

「スーパー・スピーキング」では、「英語の語順」でセンスグループ(意味のまとまり)ごとに、英語をインプットし、アウトプットするトレーニングをします。 この訓練を通して、日本人の悪いクセである「返り読み」式理解が矯正され、英米人のような「ネイティブ思考法」が身につくので、英語が「英語の語順」で口をついて出るようになります。

さらに「スーパー・スピーキング」は、一般英会話のスキルアップも視野に入れつつ、主に実践的なビジネス・スピーキング力の養成にスポットを当てた教材内容になっています。 英語による「交渉」「電話」「会議」「プレゼンテーション」といったシチュエーションを特に重視した教材構成になっていますので、学習した内容をそのまま実際のビジネス現場に活かすことができます。

すでに多くの受講生たちが、「スーパー・スピーキング」学習を通して、著しい英会話力の伸長を経験しています。 その理由は、本教材のカリキュラムが、日本人の英語習得の障害である「語順の問題」を克服し、無理なく「ネイティブ思考法」を習得できるように構成されているからです。 つまりネイティブと同じように、英語を「英語の語順」でセンスグループごとに発話していく力を養うことに注力しているからなのです。

英会話教材「スーパー・スピーキング」は、あなたの英語力を根本から変えることができます。 まずは、無料サンプルeBook「必ず英語が話せる」をご請求いただき、「スーパー・スピーキング」の限りない可能性を実感してください。

  • 無料サンプルご請求
  • 教材のお申込み
  • なんでも気軽にご相談ください
  • ダン上野Jr.の英語相談室
  • スーパー・スピーキングvol.2
無料サンプルご請求
無料サンプルご請求
教材のお申込み
教材のお申込み
このページトップに戻る
サイトマップ
このページトップに戻る
このページトップに戻る